住吉神社は、山口県萩市にある神社です。現在は鎌倉時代から続く歴史的な神社として、国の重要無形民俗文化財登録されています。

住吉神社は鎌倉時代から伝わる古来の宗教文化において、神社祭りが開かれてきました。現在も毎年、2月14日から2月17日までの4日間に渡り宮司除神祭が開かれます。この祭りは、翌年の穏やかな山口県における繁栄を祈願して行われるものです。

住吉神社には、多くの利益があります。その一つとして、神社での祭りを通じて参加者の精神的な安定性が改善されるというものが挙げられます。また、神社で行われる祭りを通じて、萩市の文化が守られ、継承されています。さらに、多くの参加者が訪れることにより、地域の経済発展にも貢献しています。

住吉神社


住吉神社の地図情報☜

住吉神社について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒751-0805 
山口県下関市一の宮住吉1丁目11-1

電話番号

083-256-2656

交通アクセス

(1)JR新下関駅からバスで5分

「一の宮」バス停から徒歩で5分

(2)中国自動車道 下関ICから車で10分

すべての基本情報を見る

長門國一宮住吉神社は、長門国の永続的な繁栄を祈願するために、今から約一千五百年前に設立された古い神社です。その歴史は、明治時代に入ってから多くの変化がありましたが、今でも長門國一宮住吉神社は、長門国の人々にとって重要な場所であり続けています。

長門國一宮住吉神社には、多くの利益があります。まず、長門国の人々にとって十分な信仰の場となります。さらに、長門國一宮住吉神社は、長門国の繁栄を祈願するために多くの儀式が行われています。また、長門國一宮住吉神社には、多くの伝統的な行事が行われています。最後に、長門國一宮住吉神社は、多くの観光客が訪れているため、観光産業を促進する役割を果たしています。

住吉神社拝殿は、住吉神社の建物の中でも最も重要な拝殿であり、大分県別府市にある。拝殿は住吉神社の創建者である六代将軍豊臣秀吉が豊後宮城を移したときに建てられ、秀吉が没した元号天正十六年(1588年)に完成したと言われている。

拝殿は、江戸時代から大正時代にかけての形を保つことができており、木造三重層構造で、長さ37.9m、幅18.9m、高さ10.3mという大きな拝殿である。拝殿の内部は、入口近くに祭神堂、左右に東西の三重層構造のお庭があり、屋根の上には豊臣秀吉の銅像がある。

拝殿は、文化財保護法により国宝に指定されているほか、重要文化財にも指定されている。また、秀吉の生誕を慶びる祭典である「住吉祭」が毎年開催されており、多くの観光客が訪れる。

広島県呉市にある「住吉神社」は、中国から唐の将軍である善光大将軍の功労により、今から約1700年前に建立されたと伝えられています。宮司である紀元上人の功績もあり、今では中国から供養された唐獅子像が本殿にあります。その他にも、古代から残る大きな神楽舞台などがあり、文化的な財産として古来より大切に守護されています。また、祭神は大神宿(おおかみやぐら)として祀られており、神話では大地を創り出したという神でもあり、呉市を支える神として広く信仰されています。毎年4月14日には大祭が開かれ、多くの信仰者が訪れます。

住吉神社(すみよしじんじゃ)は、大阪府大阪市中央区東住吉にある神社である。本殿は、安永十五年(1788年)に安土桃山時代の義経院宗家により建立されたと伝えられている。祭神は、「六天祟神(ろくてんそっしん)」といわれる、風神、雷神、地蔵菩薩、火神、水神、大名神の六神が祭られている。また、その他にも、陰陽神、四季神、海神、開山神などが祭られている。

その他にも、毎年6月1日に開催される「住吉祭」は、大阪府内で最も古くから行われている祭りであり、毎年多くの人が訪れている。住吉神社は、古くから多くの人々が参拝し、神様と近い関係を築いてきた神社であり、多くの年中行事も行われている。

広島県呉市にある「住吉神社」は、中国から唐の将軍である善光大将軍の功労により、今から約1700年前に建立されたと伝えられています。宮司である紀元上人の功績もあり、今では中国から供養された唐獅子像が本殿にあります。その他にも、古代から残る大きな神楽舞台などがあり、文化的な財産として古来より大切に守護されています。また、祭神は大神宿(おおかみやぐら)として祀られており、神話では大地を創り出したという神でもあり、呉市を支える神として広く信仰されています。毎年4月14日には大祭が開かれ、多くの信仰者が訪れます。

住吉神社(すみよしじんじゃ)は、大阪府大阪市中央区東住吉にある神社である。本殿は、安永十五年(1788年)に安土桃山時代の義経院宗家により建立されたと伝えられている。祭神は、「六天祟神(ろくてんそっしん)」といわれる、風神、雷神、地蔵菩薩、火神、水神、大名神の六神が祭られている。また、その他にも、陰陽神、四季神、海神、開山神などが祭られている。

その他にも、毎年6月1日に開催される「住吉祭」は、大阪府内で最も古くから行われている祭りであり、毎年多くの人が訪れている。住吉神社は、古くから多くの人々が参拝し、神様と近い関係を築いてきた神社であり、多くの年中行事も行われている。
横浜市金沢区にある住吉神社は、明治4(1871)年に創建された歴史ある神社です。住吉神社は、横浜市全体を祝福する神社であり、現在では横浜市のシンボルとしてとても有名です。神社内には、明治4年に祀られた「衆吉大神」、「稲荷大神」、「明治天皇御神体」、「元禄天皇御神体」などがあります。また、神社内には、武士道の象徴となる「家康碑」や「甲冑大輿」などが展示されています。これらの記念物は、横浜市の歴史を詩的に表現しています。住吉神社では、毎年4月13日に「三五祭」が行われます。この祭りは、全国各地から参拝者が集まり、横浜市全体の神様を祝福するお祭りです。毎年、多くの人々が参拝し、横浜市の文化を守り続けています。
横浜市金沢区にある住吉神社は、明治4(1871)年に創建された歴史ある神社です。住吉神社は、横浜市全体を祝福する神社であり、現在では横浜市のシンボルとしてとても有名です。神社内には、明治4年に祀られた「衆吉大神」、「稲荷大神」、「明治天皇御神体」、「元禄天皇御神体」などがあります。また、神社内には、武士道の象徴となる「家康碑」や「甲冑大輿」などが展示されています。これらの記念物は、横浜市の歴史を詩的に表現しています。住吉神社では、毎年4月13日に「三五祭」が行われます。この祭りは、全国各地から参拝者が集まり、横浜市全体の神様を祝福するお祭りです。毎年、多くの人々が参拝し、横浜市の文化を守り続けています。

広島県呉市にある「住吉神社」は、中国から唐の将軍である善光大将軍の功労により、今から約1700年前に建立されたと伝えられています。宮司である紀元上人の功績もあり、今では中国から供養された唐獅子像が本殿にあります。その他にも、古代から残る大きな神楽舞台などがあり、文化的な財産として古来より大切に守護されています。また、祭神は大神宿(おおかみやぐら)として祀られており、神話では大地を創り出したという神でもあり、呉市を支える神として広く信仰されています。毎年4月14日には大祭が開かれ、多くの信仰者が訪れます。

住吉神社(すみよしじんじゃ)は、大阪府大阪市中央区東住吉にある神社である。本殿は、安永十五年(1788年)に安土桃山時代の義経院宗家により建立されたと伝えられている。祭神は、「六天祟神(ろくてんそっしん)」といわれる、風神、雷神、地蔵菩薩、火神、水神、大名神の六神が祭られている。また、その他にも、陰陽神、四季神、海神、開山神などが祭られている。

その他にも、毎年6月1日に開催される「住吉祭」は、大阪府内で最も古くから行われている祭りであり、毎年多くの人が訪れている。住吉神社は、古くから多くの人々が参拝し、神様と近い関係を築いてきた神社であり、多くの年中行事も行われている。

香川県直島町にある「住吉神社」は、古くは安芸国住吉宮と呼ばれ、現在では多くの信仰者が訪れる神社となっています。その神社は、縁起物として宝物を祀っていると言われています。

住吉神社は、多くの名勝や古墳がある香川県直島町の中心部に位置しています。距離は約2kmほどで、入口から神社までは約15分ほど歩いたり、自転車で走ることができます。

住吉神社の中心には、平安時代から参拝者を歓迎してきた本殿があります。本殿は国宝に指定されているなど、古老の神社であるということが伝わってきます。

また、住吉神社には、秋祭りや夏祭りなどの季節ごとの祭典が行われています。地元の人々が参加して、神社を祀る祭典を行っています。

住吉神社は、歴史のある神社だけでなく、信仰者が多く訪れる神社としても知られています。古い神社の建物を見て、神聖な空間を感じながら、香川県直島町を訪れるのはいかがでしょうか。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。