諏訪神社(鳥取県智頭町)


諏訪神社(鳥取県智頭町)の地図情報☜

諏訪神社(鳥取県智頭町)について

古来軍神・鎮火の神として信仰されてきた。紅葉の名所。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒689-1401 
鳥取県八頭郡智頭町上町

電話番号

交通アクセス

(1)智頭駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

諏訪神社は、鳥取県智頭町にある古代日本を代表する神社です。神社は延宝元年(1673年)に創建されました。この神社は、二つの本殿を中心とした全体が大きく規模があり、大きな木造の建物で見ごたえがあります。

諏訪神社は、全国的にも重要文化財として保護されています。諏訪大社と呼ばれる本殿には、全国三十六山の中で最古にある木造建物があり、国宝に指定されています。また、桐箱型の神社宝物庫を有し、江戸時代末期に作られたものとされています。

諏訪神社は、毎年、5月に智頭諏訪大祭が開催されており、多くの信仰者が参加します。また、8月には智頭祭まつりが開かれ、神社の聖徳大王祭が行われます。

諏訪神社は、古代日本を代表する神社であり、歴史的な価値を持っていることがわかります。近年では、多くの観光客が訪れ、貴重な文化的な価値を楽しむことができます。
諏訪神社は、鳥取県智頭町にある古代日本を代表する神社です。神社は延宝元年(1673年)に創建されました。この神社は、二つの本殿を中心とした全体が大きく規模があり、大きな木造の建物で見ごたえがあります。

諏訪神社は、全国的にも重要文化財として保護されています。諏訪大社と呼ばれる本殿には、全国三十六山の中で最古にある木造建物があり、国宝に指定されています。また、桐箱型の神社宝物庫を有し、江戸時代末期に作られたものとされています。

諏訪神社は、毎年、5月に智頭諏訪大祭が開催されており、多くの信仰者が参加します。また、8月には智頭祭まつりが開かれ、神社の聖徳大王祭が行われます。

諏訪神社は、古代日本を代表する神社であり、歴史的な価値を持っていることがわかります。近年では、多くの観光客が訪れ、貴重な文化的な価値を楽しむことができます。
諏訪神社は、鳥取県智頭町にある古代日本を代表する神社です。神社は延宝元年(1673年)に創建されました。この神社は、二つの本殿を中心とした全体が大きく規模があり、大きな木造の建物で見ごたえがあります。

諏訪神社は、全国的にも重要文化財として保護されています。諏訪大社と呼ばれる本殿には、全国三十六山の中で最古にある木造建物があり、国宝に指定されています。また、桐箱型の神社宝物庫を有し、江戸時代末期に作られたものとされています。

諏訪神社は、毎年、5月に智頭諏訪大祭が開催されており、多くの信仰者が参加します。また、8月には智頭祭まつりが開かれ、神社の聖徳大王祭が行われます。

諏訪神社は、古代日本を代表する神社であり、歴史的な価値を持っていることがわかります。近年では、多くの観光客が訪れ、貴重な文化的な価値を楽しむことができます。
諏訪神社は、鳥取県智頭町にある古代日本を代表する神社です。神社は延宝元年(1673年)に創建されました。この神社は、二つの本殿を中心とした全体が大きく規模があり、大きな木造の建物で見ごたえがあります。

諏訪神社は、全国的にも重要文化財として保護されています。諏訪大社と呼ばれる本殿には、全国三十六山の中で最古にある木造建物があり、国宝に指定されています。また、桐箱型の神社宝物庫を有し、江戸時代末期に作られたものとされています。

諏訪神社は、毎年、5月に智頭諏訪大祭が開催されており、多くの信仰者が参加します。また、8月には智頭祭まつりが開かれ、神社の聖徳大王祭が行われます。

諏訪神社は、古代日本を代表する神社であり、歴史的な価値を持っていることがわかります。近年では、多くの観光客が訪れ、貴重な文化的な価値を楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。