瑠璃光寺(山口県山口市)


瑠璃光寺(山口県山口市)の地図情報☜

瑠璃光寺(山口県山口市)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒753-0081 
山口県山口市香山町7-1

電話番号

083-922-2409

すべての基本情報を見る

瑠璃光寺は、山口県山口市に位置する古刹です。天正12年(1584年)に押谷守清元が開創した瑠璃光寺は、禅宗の押谷宗の寺院です。瑠璃光寺の本尊は、十二門観音の一つである、普済観音菩薩です。

瑠璃光寺には、大正2年(1913年)に完成した五重塔や、昭和26年(1951年)に完成した本堂などがあります。また、瑠璃光寺には、「不動岩」と呼ばれる大きな岩があり、宮島から約4km離れています。この岩の上には、毎月有星の夕刻に鳥居が建てられており、瑠璃光寺の象徴として親しまれています。

瑠璃光寺では、年間を通じてさまざまな行事が行われています。特に、毎月第4日曜日の早朝には、「押谷守清元記念瑠璃光寺大拝法会」が行われ、約5000人の信徒が参加します。また、瑠璃光寺は、山口県の風物詩として親しまれています。
瑠璃光寺は、山口県山口市に位置する古刹です。天正12年(1584年)に押谷守清元が開創した瑠璃光寺は、禅宗の押谷宗の寺院です。瑠璃光寺の本尊は、十二門観音の一つである、普済観音菩薩です。

瑠璃光寺には、大正2年(1913年)に完成した五重塔や、昭和26年(1951年)に完成した本堂などがあります。また、瑠璃光寺には、「不動岩」と呼ばれる大きな岩があり、宮島から約4km離れています。この岩の上には、毎月有星の夕刻に鳥居が建てられており、瑠璃光寺の象徴として親しまれています。

瑠璃光寺では、年間を通じてさまざまな行事が行われています。特に、毎月第4日曜日の早朝には、「押谷守清元記念瑠璃光寺大拝法会」が行われ、約5000人の信徒が参加します。また、瑠璃光寺は、山口県の風物詩として親しまれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。