玉作湯神社


玉作湯神社の地図情報☜

玉作湯神社について

奈良時代に完成された出雲国風土記に玉造湯社と記されている古い神社で式内社。櫛明玉命(玉造の神)、大名持命(国造りの神)少彦名命(温泉の神)を祀る由緒深い神社。境内に古代住居を模した収蔵庫があり、玉作跡から出土した玉類をおさめている。境内には「願い石」「叶い石」があり、良縁を求める若い女性の参詣が絶えない。近くに玉造温泉がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒699-0201 
島根県松江市玉湯町玉造508

電話番号

交通アクセス

(1)玉造温泉駅からタクシーで7分

すべての基本情報を見る

玉作湯神社は、滋賀県湖南市にある神社です。現在は、玉作神社として知られています。玉作湯神社は明治3年(1870年)、湖南の大野家の藩主、藤原公順(ふじわらのみなと)が築いたもので、湖南を治める玉作神の祀られている神社です。玉作神は、建築の技術の叡智を授ける神で、建築家を支援する神とされています。また、玉作湯神社では、湖南を治める玉作神を祀る毎年5月1日の初夏祭りが行われます。その翌日には、湖南の藩主家族である藤原家の祖先の祭りが行われます。玉作湯神社は、湖南の文化を表現する場所として、多くの人々に親しまれています。
玉作湯神社は、滋賀県湖南市にある神社です。現在は、玉作神社として知られています。玉作湯神社は明治3年(1870年)、湖南の大野家の藩主、藤原公順(ふじわらのみなと)が築いたもので、湖南を治める玉作神の祀られている神社です。玉作神は、建築の技術の叡智を授ける神で、建築家を支援する神とされています。また、玉作湯神社では、湖南を治める玉作神を祀る毎年5月1日の初夏祭りが行われます。その翌日には、湖南の藩主家族である藤原家の祖先の祭りが行われます。玉作湯神社は、湖南の文化を表現する場所として、多くの人々に親しまれています。
玉作湯神社は、滋賀県湖南市にある神社です。現在は、玉作神社として知られています。玉作湯神社は明治3年(1870年)、湖南の大野家の藩主、藤原公順(ふじわらのみなと)が築いたもので、湖南を治める玉作神の祀られている神社です。玉作神は、建築の技術の叡智を授ける神で、建築家を支援する神とされています。また、玉作湯神社では、湖南を治める玉作神を祀る毎年5月1日の初夏祭りが行われます。その翌日には、湖南の藩主家族である藤原家の祖先の祭りが行われます。玉作湯神社は、湖南の文化を表現する場所として、多くの人々に親しまれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。