須佐神社(島根県出雲市)


須佐神社(島根県出雲市)の地図情報☜

須佐神社(島根県出雲市)について

須佐之男命を祀る古社。例大祭の「念仏踊」が有名。神事は4月19日の例祭で百手神事・陵王舞神事が、8月15日の夏祭りには切明神事(念仏踊り)が行われる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:年中無休

所在地 〒693-0503 
島根県出雲市佐田町須佐730

電話番号

0853-84-0605

交通アクセス

(1)出雲市駅からバスで40分

出雲須佐バス停からタクシーで5分

すべての基本情報を見る

須佐神社は、島根県出雲市にある神社です。古代神話「万葉集」に登場する須佐命を祀る神社で、日本三大縁起神社の一つでもあります。須佐神社は、紀元前600年ごろに祀られたとされ、紀元前283年、伊勢神宮から古墳時代に遡って起源があると考えられています。現在では、球場の中央に社殿があり、参拝者は参道を歩いて参拝できます。その他にも、多くの神様が祀られており、多くの信仰者が参拝しています。また、須佐神社の周りには古い参道や神社庭園が残っており、歴史的な風景を楽しめます。
須佐神社は、島根県出雲市にある神社です。古代神話「万葉集」に登場する須佐命を祀る神社で、日本三大縁起神社の一つでもあります。須佐神社は、紀元前600年ごろに祀られたとされ、紀元前283年、伊勢神宮から古墳時代に遡って起源があると考えられています。現在では、球場の中央に社殿があり、参拝者は参道を歩いて参拝できます。その他にも、多くの神様が祀られており、多くの信仰者が参拝しています。また、須佐神社の周りには古い参道や神社庭園が残っており、歴史的な風景を楽しめます。
須佐神社は、島根県出雲市にある神社です。古代神話「万葉集」に登場する須佐命を祀る神社で、日本三大縁起神社の一つでもあります。須佐神社は、紀元前600年ごろに祀られたとされ、紀元前283年、伊勢神宮から古墳時代に遡って起源があると考えられています。現在では、球場の中央に社殿があり、参拝者は参道を歩いて参拝できます。その他にも、多くの神様が祀られており、多くの信仰者が参拝しています。また、須佐神社の周りには古い参道や神社庭園が残っており、歴史的な風景を楽しめます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。