太皷谷稲成神社


太皷谷稲成神社の地図情報☜

太皷谷稲成神社について

日本五大稲荷の一つに数えられ、津和野周辺はもちろん広く西日本の各地に崇敬者をもっています。

奉納された約1000本の鳥居が参道に並び、長いトンネルを造っています。

5月15日は春季大祭、11月15日は秋季大祭が開催されます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒699-5605 
島根県鹿足郡津和野町後田409

電話番号

0856-72-0219

交通アクセス

(1)JR山口線津和野駅から徒歩で30分

(2)JR津和野駅から車で5分

すべての基本情報を見る

ではありません。

太皷谷稲成神社(たつそうだにのえなりじんじゃ)は、山口県下関市坂田町にある神社であり、毎年3月21日に開催される「太皷稲成祭」は全国的な知名度を誇る大きな行事となっています。

神社は、西暦509年(紀元後377年)に江戸時代の元号である「天正」にて開基されたと伝えられています。その後、幕末および明治にて修復・改築されるなど、歴史を彩る等、神社の建物も重要文化財として指定されています。

現在、神社内には、計49の奇跡をもたらすといわれる47神社があり、それぞれに行事や供養が行われています。また、神社内には、「太皷の若葉神社」等、150以上の神社があり、そのうちの多くは古くから続く神社で、古都としての特色を持つ神社です。

また、太皷谷稲成神社には「太皷の若葉神社」があり、この神社には計21の神社があり、その神社は、太皷谷稲成神社とは別に管理されています。この「太皷の若葉神社」は、古くから続く神社
ではありません。

太皷谷稲成神社(たつそうだにのえなりじんじゃ)は、山口県下関市坂田町にある神社であり、毎年3月21日に開催される「太皷稲成祭」は全国的な知名度を誇る大きな行事となっています。

神社は、西暦509年(紀元後377年)に江戸時代の元号である「天正」にて開基されたと伝えられています。その後、幕末および明治にて修復・改築されるなど、歴史を彩る等、神社の建物も重要文化財として指定されています。

現在、神社内には、計49の奇跡をもたらすといわれる47神社があり、それぞれに行事や供養が行われています。また、神社内には、「太皷の若葉神社」等、150以上の神社があり、そのうちの多くは古くから続く神社で、古都としての特色を持つ神社です。

また、太皷谷稲成神社には「太皷の若葉神社」があり、この神社には計21の神社があり、その神社は、太皷谷稲成神社とは別に管理されています。この「太皷の若葉神社」は、古くから続く神社

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。