龍福寺本堂


龍福寺本堂の地図情報☜

龍福寺本堂について

龍福寺は、建永元年(1206)に大内満盛が創建した臨済宗の寺で、もともと宝珠山瑞雲寺と称し白石の地にありました。延元元年(1336)、大内弘直が再建し弘直の菩提寺となりました。享徳3年(1454)に大内教弘が曹洞宗に、寺号も瑞雲山龍福寺と改めました。
大内義隆のとき、後奈良天皇に奏請して勅願寺として寺を再建しましたが、大内氏滅亡のとき兵火にかかり焼失しました。
毛利氏の防長平定の後、弘治3年(1557)に毛利隆元が後奈良天皇の綸旨を賜り、大内氏の館跡である現在の地に龍福寺を再建、大内義隆の菩提寺としました。
ところが、明治14年に禅堂と山門を残して焼失。再建に際し、元大内氏の氏寺であった氷上山興隆寺の釈迦堂を移築したのが現在の本堂です。
本堂の建立は、その様式などから室町時代後期といわれ、桁行5間、梁間5間で、入母屋造り、内部の大虹梁、板蟇股、ケヤキ材の胴回り約150cmの太い丸柱など、当時の大内氏の財力をうかがうことができます。

寺の敷地内にある龍福寺資料館には、大内氏最後の当主である大内義隆7回忌の弘治3年(1557)に、毛利隆元が描かせた大内義隆画像をはじめとする大内家歴代画像等の貴重な資料を展示しています。

秋には、門から境内までの参道の両端に色づいたもみじがつらなり、紅色のトンネルが訪れる人を迎えてくれます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒753-0093 
山口県山口市大殿大路119

電話番号

交通アクセス

(1)JR新山口駅から30分

「県庁前」バス停から10分

(2)中国自動車道小郡ICから20分

すべての基本情報を見る

ではありません。

龍福寺本堂は、奈良県大和郡山市にある古刹です。西国三十三所の一つとして知られており、歴史的建造物群として国宝に指定されています。本堂は、建物全体を覆う千本鳥居が特徴的で、山頂にあり、全長約4900m、高さ15mあります。

本堂の内部は、南大門から入ります。入口には、豊原神社の千本鳥居があり、江戸時代より伝わる伝統的な建築様式を表しています。そして、細かな装飾が施された多くの円廊があり、各所に入口が掘られ、縦横に広がります。その中でも、本堂の内部を覆う唐招提寺(からしょうていじ)は有名で、1750年代を以って建築されました。

本堂の周囲には、宝物庫、石塔、唐招提寺、納骨堂などがあり、歴史的建造物群として、国宝に指定されています。また、龍福寺という名前の由来は、古代より伝わる伝説により、阿弥陀如来が現れたということがあり、そのため、龍神を祀っていると伝えられています。

龍福寺本堂は、歴史的な建造物群として重要な存在であり、古代の様式
ではありません。

龍福寺本堂は、奈良県大和郡山市にある古刹です。西国三十三所の一つとして知られており、歴史的建造物群として国宝に指定されています。本堂は、建物全体を覆う千本鳥居が特徴的で、山頂にあり、全長約4900m、高さ15mあります。

本堂の内部は、南大門から入ります。入口には、豊原神社の千本鳥居があり、江戸時代より伝わる伝統的な建築様式を表しています。そして、細かな装飾が施された多くの円廊があり、各所に入口が掘られ、縦横に広がります。その中でも、本堂の内部を覆う唐招提寺(からしょうていじ)は有名で、1750年代を以って建築されました。

本堂の周囲には、宝物庫、石塔、唐招提寺、納骨堂などがあり、歴史的建造物群として、国宝に指定されています。また、龍福寺という名前の由来は、古代より伝わる伝説により、阿弥陀如来が現れたということがあり、そのため、龍神を祀っていると伝えられています。

龍福寺本堂は、歴史的な建造物群として重要な存在であり、古代の様式

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。