備中国分寺


備中国分寺の地図情報☜

備中国分寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒719-1123 
岡山県総社市上林1046

電話番号

すべての基本情報を見る

ではありません。

中国分寺とは、中国から伝わった佛教の寺院のことです。中国分寺は、中国唐代(618~907年)に始まり、日本では平安時代(794~1185年)に伝わりました。中国分寺は、中国の現存する数多くの寺院を参考にして日本の文化に組み込まれました。その特徴として、仏像が主に唐朝や宋朝などの中国の仏教文化に基づいて並べられていたり、天井には絵画や彫刻が施されていたりといった特徴があります。また、中国分寺には、日本の寺院とは異なる中国式の神社が併設されていたりします。
ではありません。

中国分寺とは、中国から伝わった佛教の寺院のことです。中国分寺は、中国唐代(618~907年)に始まり、日本では平安時代(794~1185年)に伝わりました。中国分寺は、中国の現存する数多くの寺院を参考にして日本の文化に組み込まれました。その特徴として、仏像が主に唐朝や宋朝などの中国の仏教文化に基づいて並べられていたり、天井には絵画や彫刻が施されていたりといった特徴があります。また、中国分寺には、日本の寺院とは異なる中国式の神社が併設されていたりします。
ではありません。

中国分寺とは、中国から伝わった佛教の寺院のことです。中国分寺は、中国唐代(618~907年)に始まり、日本では平安時代(794~1185年)に伝わりました。中国分寺は、中国の現存する数多くの寺院を参考にして日本の文化に組み込まれました。その特徴として、仏像が主に唐朝や宋朝などの中国の仏教文化に基づいて並べられていたり、天井には絵画や彫刻が施されていたりといった特徴があります。また、中国分寺には、日本の寺院とは異なる中国式の神社が併設されていたりします。
ではありません。

中国分寺とは、中国から伝わった佛教の寺院のことです。中国分寺は、中国唐代(618~907年)に始まり、日本では平安時代(794~1185年)に伝わりました。中国分寺は、中国の現存する数多くの寺院を参考にして日本の文化に組み込まれました。その特徴として、仏像が主に唐朝や宋朝などの中国の仏教文化に基づいて並べられていたり、天井には絵画や彫刻が施されていたりといった特徴があります。また、中国分寺には、日本の寺院とは異なる中国式の神社が併設されていたりします。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。