円通寺(広島県庄原市)


円通寺(広島県庄原市)の地図情報☜

円通寺(広島県庄原市)について

山内通資が甲山中腹に建立した菩提寺。本堂は鎌倉末期の建築で国の重要文化財、天井には雪舟が描いたといわれる龍の絵がある。

備後西国観音霊場 第18番札所 
本尊は、 千手観世音菩薩

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒729-6132 
広島県庄原市本郷町

電話番号

交通アクセス

(1)芸備線 山内駅から徒歩で25分

(2)芸備線 備後庄原駅から車で20分

すべての基本情報を見る

百円通寺(広島県庄原市)は、広島県庄原市にある古刹で、歴史ある正岡子規の境内に位置しています。百円通寺は、仏教で有名な大正寺の生みの親として知られています。百円通寺の建物は、厳かな趣を持つ建築物で、特に萬堂は白壁に塗り殺せた赤色の屋根で完成されています。また、百円通寺の裏手に、大正寺の名を冠した六角形の建物が建てられています。百円通寺は、仏教文化の教育の発展に貢献した歴史的な価値を持つ正岡子規の境内で、地元の人々から親しまれています。
百円通寺(広島県庄原市)は、広島県庄原市にある古刹で、歴史ある正岡子規の境内に位置しています。百円通寺は、仏教で有名な大正寺の生みの親として知られています。百円通寺の建物は、厳かな趣を持つ建築物で、特に萬堂は白壁に塗り殺せた赤色の屋根で完成されています。また、百円通寺の裏手に、大正寺の名を冠した六角形の建物が建てられています。百円通寺は、仏教文化の教育の発展に貢献した歴史的な価値を持つ正岡子規の境内で、地元の人々から親しまれています。
百円通寺(広島県庄原市)は、広島県庄原市にある古刹で、歴史ある正岡子規の境内に位置しています。百円通寺は、仏教で有名な大正寺の生みの親として知られています。百円通寺の建物は、厳かな趣を持つ建築物で、特に萬堂は白壁に塗り殺せた赤色の屋根で完成されています。また、百円通寺の裏手に、大正寺の名を冠した六角形の建物が建てられています。百円通寺は、仏教文化の教育の発展に貢献した歴史的な価値を持つ正岡子規の境内で、地元の人々から親しまれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。