観世音寺(鳥取県鳥取市)


観世音寺(鳥取県鳥取市)の地図情報☜

観世音寺(鳥取県鳥取市)について

弘法大師(空海)が諸国巡行の際、鷲峰山麓の巨桜の霊木の一枝を採り不動尊を刻み、これを本尊として、桜谷に南之坊を建立した寛弘年間に郡司紀氏郷により開かれる。度重なる台風や日照りなどの天災を防ごうと藩から4回も祈祷を命じられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒689-0405 
鳥取県鳥取市鹿野町

電話番号

交通アクセス

(1)浜村駅からバスで15分

すべての基本情報を見る

観世音寺は、鳥取県鳥取市にある歴史ある寺院です。元々は8世紀に創建された聖観世音菩薩をお祀りしている寺院です。現在は、開山の由緒ある佛教寺院として県内外から参拝者が訪れる人気のスポットです。

観世音寺には、鳥取県の有名な観光スポットである観音堂があります。この観音堂は、天平元年(737年)創建にあたり、現在も活動しています。また、観世音寺の見所として、三千院(さんぜんいん)が有名です。三千院は、興福寺(きょうふくじ)を創建した大和の僧・唐招提寺の自宅として創建されました。

観世音寺には、多くの有名な歴史的建築物があります。中でも有名なのは、大鐘殿という正門の前にある建物です。大鐘殿は、古くから鳥取県を守り続けているとされています。また、大鐘殿のそばには、古代日本の文化的価値が高い木造建造物があり、国宝に指定されています。

観世音寺には、安心して参拝できる、安らぎのある空間があります。参拝者は、多くの有名な建築物を見ることができ、ここから得られる

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。