稲田神社


稲田神社の地図情報☜

稲田神社について

八岐大蛇退治に登場するスサノオノミコトの妻「イナタヒメ(クシナダヒメ)」の生誕之地とされる稲田地区に建つ神社。
神社の周辺には、稲田姫(イナタヒメ)の生まれたときに使われた「産湯の池」や、へその緒を竹で切ったと伝えられる「笹の宮」が今もなお奉られています。ヤマタノオロチ神話を巡る名所として多くの人が訪れる場所でもあります。
境内にはそば屋さんもあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒699-1821 
島根県仁多郡奥出雲町稲原354

電話番号

交通アクセス

(1)出雲横田駅から車で5分

すべての基本情報を見る

稲田神社(いなだじんじゃ)は、愛知県稲沢市にある神社です。稲田神社は、稲荷神社として約1300年前から祀られており、現在の本宮は、安政4年(1857年)に設置されたものとされています。稲田神社は、県内でも有数の巨大な神社として知られ、宮司を務める稲田家は一族として続いています。

稲田神社は、神社の参道には大きな榧(かえで)が植えられ、三重の塔などもあり、古い神社の雰囲気を感じることができます。また、参道を歩いていると、権現像(ごんげんぞう)や、古代の日本人の衣装をした稲田家の一族の人々が行進を行っているところを見ることができます。

稲田神社は、毎年8月13日から15日まで「稲田祭」が開催され、県内有数の巨大な神社として知られています。稲田祭は、神輿や踊り、青竹や歌舞伎など多くの行事が行われ、県内の人々に愛されています。

稲田神社は、1300年以上の歴史を誇る古い神社です。古い神社の空気を感じながら、神社を訪れることで、神社を拝めるだけでなく、今でも活きている日本の伝統を体験できるでしょう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。