倭文神社


倭文神社の地図情報☜

倭文神社について

伯耆の国の一ノ宮として、古くから織物の神さま、安産の神さまとして信仰されてきた神社です。鬱蒼とした自然林に守られる現在の本殿は、文化15年(1818)に再建されたものです。大正14年(1925)には、随神門右手の丘から高さ1.5、直径15mの経塚が発見され、中から数多くの埋納品が出土。そのすべてが一括して国宝に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒689-0707 
鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内

電話番号

0858-32-1985

交通アクセス

(1)松崎駅から車で5分

徒歩で30分

すべての基本情報を見る

倭文神社(わぶんじんじゃ)とは、日本古代文化を祀る神社の一つです。倭文神社は古代文化や神話、伝承を祀る神社です。その祭神は尊神として日本神話の「倭国」を祀った天照大神と、主神として諸国共通の「天照大神」を祀った神功神です。また、倭文神社は古代文化の保存を目的として、日本古代文化を学ぶ学術研究施設としても知られています。

倭文神社は、古代文化を守るため、伝統的な古典や芸術、神話などを教え、古代文化を学ぶ施設としても利用されています。また、倭文神社の境内には、古代日本の建築様式を反映した建物があり、古代日本文化を体験することができます。倭文神社の境内には、古代日本の建築様式を反映した建物があり、そこで古代日本文化を体験することができます。

倭文神社は年間を通して様々な行事を行っており、例えば、毎年4月に行われる「倭文神社例大祭」や、5月に行われる「倭文神社祭」などがあります。これらの行事では、古代文化を学ぶ学術講演会や、古典芸能を披露する

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。