住吉神社拝殿


住吉神社拝殿の地図情報☜

住吉神社拝殿について

住吉神社境内にあり、桁行三間(6.9m)、梁間一間(4.9m)で、屋根は一重切妻造りで桧皮(ひわだ)葺き。

細部の手法は、室町時代末期の特徴をよく表しています。

古文書の記録から、1539年(天文8年)に毛利元就が建立したとされています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒751-0805 
山口県下関市一の宮住吉1丁目11-1

電話番号

083-256-2656

交通アクセス

(1)JR山陽本線新下関駅から5分

「一の宮」バス停から5分

すべての基本情報を見る

住吉神社拝殿は、住吉神社の建物の中でも最も重要な拝殿であり、大分県別府市にある。拝殿は住吉神社の創建者である六代将軍豊臣秀吉が豊後宮城を移したときに建てられ、秀吉が没した元号天正十六年(1588年)に完成したと言われている。

拝殿は、江戸時代から大正時代にかけての形を保つことができており、木造三重層構造で、長さ37.9m、幅18.9m、高さ10.3mという大きな拝殿である。拝殿の内部は、入口近くに祭神堂、左右に東西の三重層構造のお庭があり、屋根の上には豊臣秀吉の銅像がある。

拝殿は、文化財保護法により国宝に指定されているほか、重要文化財にも指定されている。また、秀吉の生誕を慶びる祭典である「住吉祭」が毎年開催されており、多くの観光客が訪れる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。