善昌寺(広島県府中市)


善昌寺(広島県府中市)の地図情報☜

善昌寺(広島県府中市)について

鎌倉時代末期に建てられた座禅堂と、歩くと音を出す鶯張り廊下などで有名。

備後西国観音霊場 第12番札所 瀬戸内観音霊場 第30番札所

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒729-3431 
広島県府中市上下町上下341

電話番号

0847-62-3054

交通アクセス

(1)福塩線 上下駅から車で5分

すべての基本情報を見る

善昌寺(ぜんしょうじ)は、広島県府中市にある仏教寺院です。創建は1276年と言われており、室町時代中期の建築物として有名です。門前には大きな鐘楼があり、古い大きな木造建築物があります。建物内には、多くの仏像や諸功徳像があり、古い木彫りや陶器などの彫刻作品も複数あります。また、善昌寺は、広島県内で最も古い空海法師の足跡を維持する寺院の1つであり、空海法師の智慧を継承しています。空海法師は、建物内の密教仏像の信仰を促進するために、木造建築を改修したり、複数の仏像を制作したりしました。

善昌寺は、室町時代中期に建てられた建築物を保存する一大文化財として、国の登録有形文化財に登録されています。また、国内外からいくつもの信仰者が訪れ、善昌寺では、定期的な仏事や祈祷会などを実施しています。

善昌寺では、毎年6月、夏の祭典「お祭り」が開催されており、多くの信仰者が訪れます。また、空海法師の誕生祝いの伝統的な行事が11月に行われます。この祭典では、多くの

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。