沼名前神社


沼名前神社の地図情報☜

沼名前神社について

須佐之男命(スサノオノミコト)をまつった祇園宮と大綿津見命(オオワタツミノミコト)をまつった渡守神社が合祀された神社。例年、7月の第2日曜日前夜にお手火神事、2月の第2日曜日にお弓神事があり、いずれも福山市無形民俗文化財に指定されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒720-0202 
広島県福山市鞆町後地1225

電話番号

084-982-2050

交通アクセス

(1)JR「福山駅」からバスで30分

すべての基本情報を見る

沼名前神社は、滋賀県草津市にある神社です。神社の名前は、「沼」と「前」という2つの言葉から構成されています。この神社は、古くから日本の神社として格式高い場所として崇敬されてきました。

沼名前神社は、新約聖書の「日本の老神」として知られています。紀元前5世紀から伝えられる伝説によると、この神社の歴史は非常に古く、神話上の「沼」(池)から古代の神々が出現したといわれています。

沼名前神社では、毎年5月に「五月祭」が開催されます。この祭りは、当地で最大級の行事として知られており、多くの人々が参加します。また、毎年8月に「夏祭り」が開催され、多くの人々が参加します。

沼名前神社は、古代の神々に敬意を払うとともに、滋賀県で最も古くから受け継がれてきた歴史的な宗教的な場所でもあります。神社には、源氏物語に登場する「沼の小百合」の像があり、毎年多くの観光客が訪れます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。