福王寺


福王寺の地図情報☜

福王寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒698-0044 
島根県益田市中須町182

電話番号

すべての基本情報を見る

福王寺は広島県広島市にある寺院です。現在、福王寺は福山市福王寺町にあります。福王寺は1000年以上もの歴史を持ち、広島県の県指定文化財に指定されています。福王寺の起源は不明ですが、福王寺は室町時代末に源頼朝により建立されたと伝えられています。福王寺には様々な施設があり、正面には三重塔があります。三重塔は、室町時代末期に建立されたもので、広島県の県指定文化財に指定されています。また、福王寺の中心には高さ30メートルの大仏様があります。福王寺は山号を持ち、それは「観音山」といいます。観音山は一般的に「観音山福王寺」と呼ばれ、平安時代末期に源頼朝によって建立されました。福王寺は静かな雰囲気を持っていて、その穏やかなお寺の雰囲気を楽しむことができます。

福王寺は、千葉県東金市にある修験道の宗教施設です。福王寺は、元禄3年(1700年)に建立されたといわれ、修験道の大御所東郷重勝法師が率いて建立したと言われています。その後、縁起を祝して福王像が建立されました。

福王寺は、その本尊である鎮座大黒天・福王経を最も敬う修験道の寺院として知られています。また、福王寺は「東金福王寺」と呼ばれ、鎮座大黒天・福王経の祭りが行われることで有名になりました。

福王寺は、福王神社を含む境内の景観が美しく、歴史的建造物を保存していることでも知られています。福王寺の境内には、浄土宗の塔頭山建築物があり、それらは全国の建築物として重要な意味を持っています。また、福王寺には、豊かな歴史的文化を誇る池などもあります。

福王寺は、仏教の信仰を学ぶ場所としても注目を集めています。福王寺には、仏教の書物を読んだり、仏教の道徳を学んだりするための機会が多数あります。また、福王寺には多くの仏教の記念物があり、多くの信者が訪れています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。