光明寺


光明寺の地図情報☜

光明寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒747-0104 
山口県 防府市真尾1609

電話番号

すべての基本情報を見る

光明寺(馬木不動尊)は、山形県米沢市にある、浄土宗のお寺です。今では、国指定史跡に指定されています。光明寺は、創建が覚えられているのは源義経元年(1337年)で、勝頼元年(1339年)には馬木不動尊が安置されたと記されています。

歴史的には、勝頼元年(1339年)に光明寺が設立された際、馬木不動尊が安置されたことが有名です。馬木不動尊は、現在も原型をそのままに、光明寺内に保管されています。また、光明寺は、関東平安時代(794~1185年)に関係した大和守家朝家の祠としても知られています。

光明寺は、現在も美しい庭園を整備しており、池泉回遊式庭園として、国指定の史跡としても知られています。約1400坪の庭園には、池や堤防、石畳などがあり、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。また、光明寺には、約400年以上の歴史を誇る不動尊仏像もあり、多くの信者が訪れています。

明明寺は、日本の甲賀市にある大型の仏教寺院です。約1200年前に創建されたと言われ、現在も大規模な建物を残しています。明明寺の最大の特徴は、建物群の大きさです。東大門と西大門の2つの門を挟みながら、本堂、藤原館、書院、絵馬門などの大規模な建物が並んでいます。その他にも、約15,000本の木造書院が点在しています。また、明明寺には、高さ約30mの巨大な三重塔があり、素晴らしい景色を楽しめます。明明寺の他にも、古代建築や芸術作品などを多く残しているため、歴史科学者や観光客の間で有名な場所です。

です

聖光明寺は、広島県尾道市にある大仏開眼のお寺です。奈良時代前半から栄えたといわれています。古くから『破邪顕正』の信仰が根強く、今も多くの信者が訪れています。また、四国三県の四方八方から信仰を持つ人たちが、毎年5月3日には「みどりの祭」を行っています。

聖光明寺の境内は、三重堂や山門、稲荷堂などといった古い建物が並び、歴史の足跡を残しています。境内中央には、釈迦如来の像を想起させる大仏が安置されています。また、美しい緑豊かな芝生庭園もあり、古き良き風景を味わうことができます。

聖光明寺では、仏教祭典や文化講演会などを開催しており、学びを深めることができます。また、参拝者の方々には、水鏡開かん斎堂、聖光宝珠胴銘などを見学することができます。また、施設内では、陶器や書画などを販売しているので、お土産を購入することもできます。

聖光明寺は、歴史を感じられる建物や、文化を学ぶことができる貴重な場所です。古き良き風景を楽しみながら、心を癒やす聖なる場所として、多くの信仰者に愛されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。