玄忠寺


玄忠寺の地図情報☜

玄忠寺について

京都知恩院の末寺。境内に荒木又右衛門や黒田稲皐、高浜十兵衛らの墓がある。荒木又右衛門遺品館、高木百拙筆の羅漢ふすま絵もある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒680-0812 
鳥取県鳥取市新品治町176

電話番号

交通アクセス

(1)鳥取駅からバスで5分

すべての基本情報を見る

玄忠寺は、千葉県東金市にある建仁寺派の寺院です。正式な寺名は「玄忠明覚寺」です。本尊は全国八大勝鬘の一つである文殊菩薩です。特徴としては、特別史跡に指定された石仏の「大像」があり、古くから「玄忠山」と呼ばれている山があり、聖徳太子が本堂を建立したという歴史があります。また、玄忠寺は最近では、「玄忠山宗家祭り」というイベントを毎年開催しており、多くの人が訪れています。

玄忠寺は、開山者の国輝公が建立したといわれています。国輝公は、聖徳太子が指示を出して建立したと言われていますが、実際には12世紀に設立されました。大規模な建築物である本堂は、後に火災で焼失しましたが、現在の本堂は、1518年に現在の形で建てられました。本堂の外観は、創建時から大きな変化はありませんが、内装が改修され、豊かな装飾が施されました。

本堂の中でも、特徴的なのが石仏である「大像」です。大像は、国宝の石仏として指定されており、14世紀初頭に建立されました。石仏の上には、美しい銅像があります。大像の周りには、仏様

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。