西方寺(山口県上関町)


西方寺(山口県上関町)の地図情報☜

西方寺(山口県上関町)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒742-1403 
山口県熊毛郡上関町大字室津644

電話番号

すべての基本情報を見る

西方寺(さいほうじ)は、山口県上関町に位置する仏教寺院です。現在は、西方寺派の一つである山口県新宿郡柳井町にある西方寺派本山・西方寺を管轄しています。

西方寺は、元禄年間(1688年)に甲斐国山口守藤原種資(一人)が創建したとされています。その後、江戸時代から明治時代にかけて多くの修行者が訪れ、芸術家、文芸家をはじめとする多くの名士が西方寺を訪れ、制作活動を行ってきました。

西方寺は、仏教の教えを実践するための修行場として、非常に重要な存在となっています。また、西方寺の本尊である聖観世音菩薩は、仏教の本来の力を発揮してくれると信じられており、多くの信者が西方寺を訪れて祈りを捧げています。

西方寺は、大正6年(1917年)に国宝に指定され、現在では非常に美しい豊かな自然環境に囲まれた静かな空間で、修行を行うための良い場所となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。