両山寺


両山寺の地図情報☜

両山寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒709-3721 
岡山県久米郡美咲町両山寺454

電話番号

すべての基本情報を見る

両山寺(りょうざんじ)は、愛知県名古屋市世界文化遺産として登録されている、日本最古の国宝・重要文化財です。文献によると、平安時代中期(12世紀)に創建されたとされています。その後、江戸時代、明治時代などを経て、現在に至ります。両山寺の本堂は、天台宗に属する高野派の建築で、当時の神道思想を反映した建築様式となっています。また、両山寺には明治時代に建てられた門殿と鳳凰殿があり、建築様式も当時の流行に応じたものとなっています。

両山寺には、重要文化財として登録されている本堂をはじめ、重要文化財となっている尊蔵門や鳳凰殿などを含む建築物群があります。また、両山寺内には、立派な石造りの橋や菩提樹、本堂の前にある大樹などがあります。これらの文化財は、両山寺が平安時代から現在に至るまで、宗教や歴史的要素などを反映した文化的価値を持つものとして登録されています。

両山寺は、平安時代から現在まで、宗教や歴史的要素を伝える重要な

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。