お種弁天


お種弁天の地図情報☜

お種弁天について

弁天さまを奉った多鯰ヶ池弁天宮と「お種伝説」のお種さんを奉ったお種の社を総称していう。商売繁盛の神様。
多鯰ヶ池(たねがいけ)のほとりにあり、社には弁天さんがまつられている「多鯰ヶ池弁天宮」、多鯰ヶ池の伝説お種さんがまつられている「お種の社」があり、古くから金銀財宝をもたらすと言われている。
また、伝説でお種さんがヘビの化身といわれ、ヘビの神様をまつっていることから巳年、巳の日には多くの方が参拝する。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒689-0105 
鳥取県鳥取市福部町湯山2062

電話番号

交通アクセス

(1)鳥取駅からバスで20分

すべての基本情報を見る

お種弁天とは、8世紀から10世紀にかけて、豊臣秀吉が徳川家康の参謀を務めた時代に文芸活動を行っていた芸術家、文人、文学者によって作られた文学作品です。当時の芸術家は、文学のみならず、絵画、陶芸、演劇など、多数の芸術活動を行っていました。お種弁天作品には、物語、歌、詩、詞などが含まれています。作品の多くが、秀吉に関わる史実を基にしています。特に歌物語は、家康と秀吉への敬意を表したものとされています。

お種弁天作品は、当時の文化を伝える史実を描いたものとしても重要な位置を占めています。今では、お種弁天作品を研究する学問分野があり、お種弁天という言葉が広く知られるようになりました。お種弁天作品を読むことで、当時の社会や文化を再現し、時代背景を把握することができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。