物部神社


物部神社の地図情報☜

物部神社について

日本遺産「石見の火山が伝える悠久の歴史~“縄文の森”“銀の山”と出逢える旅へ~」の構成文化財のひとつ。石見国一の宮で,物部氏が祖神を祀ったのが起り。社殿は変形春日造で社宝や重文などが多い。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:6:00~17:00

所在地 〒694-0011 
島根県大田市川合町川合1545番地

電話番号

0854-82-0644

交通アクセス

(1)大田市駅からバスで15分(物部神社下車)

すべての基本情報を見る

国務省神殿・文部科学大臣官邸(どうもくしん・ぶんぶかがくだいしんかんてい)は、文部科学大臣が統括する文部科学省の神殿である。位置するのは東京都千代田区神田須田町14番地で、現在は文部科学大臣官邸の一部となっている。

文部科学大臣官邸の内部にある国務省神殿は、1873年(明治6年)に設立された。当時、文部省の機能を担う公官によって管理されており、主に文部省官僚の礼拝活動に利用されていた。

国務省神殿は、大改築を重ねており、現在では徳川家康公(とくがわけいこう)を祭神としている。祭神は、明治天皇(めいまいてんのう)、神武天皇(じんむてんのう)、続く天皇全てを含む。また、神津(かみつ)神社は、国務省神殿内部にある神社であり、ここでは文部科学大臣が毎月礼拝活動を行っている。

国務省神殿は、日本の文部科学省の歴史や文化を守る重要な場所となっており、文部科学大臣が日本の文化を担うための場としても重要な役割を果たしている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。