功山寺山門


功山寺山門の地図情報☜

功山寺山門について

山門は、二重櫓造りで、安永2年(1773年)長府藩主10代毛利匡芳の命を受けて建立されました。
入母屋造り、本瓦葺の屋根は美しい反りを見せ、三門三戸二重門の様式を整えています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒752-0979 
山口県下関市長府川端1丁目2-3

電話番号

083-245-0258

交通アクセス

(1)JR山陽本線長府駅から10分

「城下町長府」バス停から10分

(2)JR下関駅から23分

「城下町長府」バス停から10分

すべての基本情報を見る

成功山寺山門は、東京都八王子市にある、歴史ある寺院の山門です。石積みの三重門として建てられた山門は、江戸時代半ば以降の建物で、前面の柱は大柄な横梁で支えられています。さらに前面の入口には、楠木を利用した山門が設けられており、起伏のある上部には、江戸時代に彩色された石畳があります。

山門の外観は、大きな廊下が続く形式となっており、廊下の先端には「御本堂」があります。山門の内側も見ることができ、「三段重要文化財」として指定されている正倉院の趣きが楽しめます。

成功山寺山門は、歴史のある建築物であり、近年では、山門の入口を入ると、落ち着いた空間が広がり、重々しい雰囲気に包まれているという評価を受けています。また、毎年、桜の咲く春には「桜まつり」が行われるなど、様々なイベントも開催されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。