岩屋寺(島根県松江市)


岩屋寺(島根県松江市)の地図情報☜

岩屋寺(島根県松江市)について

本尊は弘法大師作といわれる高さ40cmの木彫弘法大師坐像。境内の原始林は県内有数のもので,特にシダ類の繁殖地としては県内随一。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒699-0405 
島根県松江市上来待

電話番号

0852-66-1871

交通アクセス

(1)来待駅からバスで10分

徒歩で20分

すべての基本情報を見る

岩屋寺は、島根県松江市の真言宗四天王寺派の寺院で、長い歴史を持つ名刹である。日本書紀に登場する1264年(室町時代)の建立といわれているが、本尊の石像が明治時代になってから発見されたため、それ以前にどのような寺院があったかは不明である。

岩屋寺の拝殿は、広島県福山市の仏壇寺の廟(みや)を模して建てられた室町様式の廟である。明治時代以降、豊かな自然に恵まれた場所であるため、癒しの空間として、多くの人々が訪れるようになっている。

また、岩屋寺は、毎年4月15日から5月6日まで、松江市内で行われる「松江大祭」で、「伝統芸能賞」を受賞したり、「松江市文化賞」を受賞したりして、多くの功績をあげている。

岩屋寺は、島根県松江市にある歴史的な寺院で、多くの人々が訪れ、伝統的な文化を存続させるため、多くの活動を行っている。また、地元の文化を守り、大祭りを通じて芸能を発展させているなど、地域に多大な貢献をしている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。