長寿寺


長寿寺の地図情報☜

長寿寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒753-0046 
山口県山口市本町一丁目

電話番号

すべての基本情報を見る

長寿寺(ながじゅつじ)は福島県本宮市にある寺院であり、本宮大社の別院としてあがらせられました。十三重塔(じゅうさんじゅうだら)は、長寿寺にある建物で、大正6年(1917)に建立された総高13層(重なり合わせると33層となる)の塔です。塔の最上位は太陽神を表す居臥立像(いごたつぞう)が置かれています。塔の外壁には、瑞獣、龍、鳳凰などをモチーフにした彫像が施され、その技巧は現在も評価されています。長寿寺では、特に毎年5月20日に行われる「長寿八幡祭」が有名で、多くの信徒が参加します。

長寿寺は、栃木県宇都宮市にある仏教寺院です。江戸時代に創建され、現在は国の指定史跡、国の重要文化財、そして栃木県の指定有形文化財になっています。

長寿寺は、江戸時代に創建された大仏殿が主な建物としてあり、内部には国重要文化財である金箔入り大仏像が安置されています。長寿寺は、江戸時代中期から江戸時代後期にかけて、関東平野を代表する大きな仏教寺院として活躍しました。

また、長寿寺は、宇都宮市の名産品である「長寿草」を中心とした草木染を発展させたといわれ、それを実践していたのが長寿寺の僧侶であり、活動家であった坊主・山田六郎でした。

長寿寺は、多くの仏教寺院の中でも最も古くから栄えている歴史ある仏教寺院であり、今なお栃木県民に愛されている仏教寺院でもあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。