頼久寺


頼久寺の地図情報☜

頼久寺について

暦応2年足利氏創建の禅寺。庭は江戸時代初期に備中の国の政務を執った若き日の小堀遠州が造ったもので、名園として広く知られている。
庭園は国指定名勝で、岡山後楽園、津山衆楽園とともに、岡山三大庭園とされる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:9:00~17:00

所在地 〒716-0016 
岡山県高梁市頼久寺町18

電話番号

0866-22-3516

交通アクセス

(1)備中高梁駅から徒歩で15分

(2)賀陽ICから車で20分

(3)有漢ICから車で30分

すべての基本情報を見る

頼久寺は、奈良県山辺郡吉野町にある寺院です。元来は弘法大師空海が建立した仏教寺院で、今も空海の功績を祝しています。頼久寺は、空海の生誕地である滋賀県大津市から空海が伝えた六門関の総本山として格式高く知られています。

頼久寺は、空海の生誕1100周年記念を祝して、大殿・宝殿・大仏殿・西殿が建立されました。そして、それぞれの殿堂には、空海の法華経・楞伽経・空海院・空海経などを守るために、浄土教僧団がいます。

また、頼久寺には、「六門千殿」という建物があり、そこには空海の法華経を守るために、「千経殿」があります。「千経殿」には、空海の聖誕を祝った「空海千輪経」、「萬葉集」、「楞伽経」などがあり、その他、空海を祝って建てられた空海像などもあります。

頼久寺は、豊かな歴史と文化を持つ仏教寺院です。今もなお、空海の功績を祝しているので、多くの信者が参拝しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。