周防国分寺


周防国分寺の地図情報☜

周防国分寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒747-0021 
山口県防府市国分寺町2-67

電話番号

0835-22-0996

すべての基本情報を見る



防国分寺は、東京都台東区にある仏教寺院です。正式名称は「防国観音菩薩堂」で、大乗仏教密教宗本願寺派の一派である高野山派の総本山でもあります。創建は紀元前738年、創建者は開山の玉泉大師です。その後、改築を繰り返しています。現在のお寺は江戸時代末期に全面的に改築されました。

防国分寺には、複数の建物があり、有名なものとしては、大門、三重塔、楼角門などがあります。大門は、室町時代に建てられ、その入り口には「防国観音菩薩堂」の字が書かれています。また、三重塔は、室町時代末期に建てられた建物で、防国分寺を代表する建物として有名です。楼角門は、室町時代後期に建てられた建物です。このお寺には、多くの歴史的建造物が残っており、古いものも現在も保存されています。

防国分寺は、日本の仏教寺院として有名です。このお寺は、数々の文化財が保存されており、仏教文化を学ぶのに最適な場所です。また、毎年4月に行われる「防国分寺祭」は、参拝者が多く集まります。

防国分寺は、兵庫県神戸市西区に位置する仏教寺院です。13世紀に創建されたと言われており、開創されたのは建仁元年(1210年)とされています。元は僧院別当として大和国(現在の埼玉県)にあった防国寺が藤原家支配下の兵庫へ移り、現在の位置に分寺分院として移転したものです。防国分寺は、後藤元氏によって改築され、後に家康公が落慶(1558年)に開基したことで有名になりました。また、江戸時代には徳川家康や徳川秀忠などの豪華な贈り物を受けて、有名な大御所として知られるようになりました。現在、防国分寺には多くの仏像や仏閣があり、紅葉を楽しめる公園もあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。