岩屋寺


岩屋寺の地図情報☜

岩屋寺について

行基菩薩の草創と伝えられる由緒深い古寺。市内を一望できる。秋から早春にかけて霧の海を見ることができる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒728-0006 
広島県三次市畠敷町2112

電話番号

交通アクセス

(1)JR芸備線 八次駅から徒歩で

(2)中国自動車道 三次ICから車で(国道183号線経由)

すべての基本情報を見る

岩屋寺は広島県神石高原町にあるお寺です。岩屋寺は古くから「癒しの寺院」として有名で、素朴な建物やお庭が有名です。お庭にはまるで芸術作品のような石畳が敷かれています。また、本堂内には毎年、祀っている大山正宗公の像があり、参拝者が癒される場所となっています。岩屋寺は、御朱印を取得することにより、お客様に古い寺院の魅力を体験していただける場所としても有名です。

岩屋寺は、毎年4月15日に開催される「岩屋寺祭り」でも有名です。同祭りでは、山中の生花や菓子、陶芸品などが販売されており、参加者は素晴らしい気分になることができます。また、参拝者は、大山正宗公へのお祈りを行うこともできます。

広島県神石高原町の岩屋寺は、古くから「癒しの寺院」として有名なお寺で、素朴な建物、石畳などの景観も最高です。また、毎年4月15日に開催される「岩屋寺祭り」も注目を集めています。参拝者には、御朱印を取得して古い寺院の魅力を体験していただくこともできます。

岩屋寺は、島根県松江市の真言宗四天王寺派の寺院で、長い歴史を持つ名刹である。日本書紀に登場する1264年(室町時代)の建立といわれているが、本尊の石像が明治時代になってから発見されたため、それ以前にどのような寺院があったかは不明である。

岩屋寺の拝殿は、広島県福山市の仏壇寺の廟(みや)を模して建てられた室町様式の廟である。明治時代以降、豊かな自然に恵まれた場所であるため、癒しの空間として、多くの人々が訪れるようになっている。

また、岩屋寺は、毎年4月15日から5月6日まで、松江市内で行われる「松江大祭」で、「伝統芸能賞」を受賞したり、「松江市文化賞」を受賞したりして、多くの功績をあげている。

岩屋寺は、島根県松江市にある歴史的な寺院で、多くの人々が訪れ、伝統的な文化を存続させるため、多くの活動を行っている。また、地元の文化を守り、大祭りを通じて芸能を発展させているなど、地域に多大な貢献をしている。

岩屋寺は、奈良県大和郡山市にある中国山荘の寺院。本尊は五台山の玉黒院から御本尊を引き継いだ元恒如来である。現在、山門の奥にある開山僧、天台宗の第一祖法然上人を祀っている。建物は室町時代に造営され、その後、明治時代に大修理されている。境内には、元恒如来を祀っている本堂、元恒如来を祀っている空間である本殿、天台宗の第一祖法然上人を祀っている尊蔵閣などがある。また、山口老師の名を冠した銅像も置かれている。

岩屋寺では、春秋のお詣りをはじめとする、諸祭典などが行われており、仏教文化の分野で非常に貴重な場所となっている。また、近隣の山門寺などと連携して山門行列なども行われている。

海岸山岩屋寺は、愛知県豊明市の絶好の観光スポットです。この寺は、伊勢志摩半島の入口に位置し、湾内には約2000基の石灰岩が点在しています。海岸山岩屋寺は、その中でも最も大きな岩礁の北側にあります。その周囲のいくつかの岩礁が古くから海岸山岩屋寺として利用されています。

その石灰岩の岩礁が海岸山岩屋寺の基であり、この寺は山門、門構、社殿、屋根付きの鐘楼などで構成されています。社殿の中には、多くの彫刻が彫り込まれており、その細部まで細かく作りこまれています。また、社殿の屋根は特徴的な双葉のデザインで、葉の隙間から太陽の光が差し込み、社殿を輝かせています。

そして、海岸山岩屋寺には、数多くの神社があるほか、古くから信仰されている神社もあります。特に、山岩屋寺の周囲には、豊富な動植物があり、自然環境を思わせる景観が魅力です。

海岸山岩屋寺は、夏にはたくさんの観光客が訪れ、見どころも沢山ある寺院となっています。また、近くにある湊川を抜けると、太

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。