医王寺(広島県福山市)


医王寺(広島県福山市)の地図情報☜

医王寺(広島県福山市)について

弘法大師が開いたと伝えられ,福島正則により再興された真言宗の寺。鞆の町並みや海が一望できる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒720-0202 
広島県福山市鞆町後地1397

電話番号

交通アクセス

(1)福山駅からバスで30分

(2)福山東ICから車で30分

すべての基本情報を見る

医王寺(いおうじ)は、広島県福山市にある建物です。建築物としては、平安時代末期の紀元前14~15世紀に建てられたものと推定されています。

医王寺は、広島県の知事指定の有形文化財として認定されています。宗教的な建物であり、大きな木造三重塔があります。境内には、御堂、本堂、門殿などがあり、高さ約19mの塔は、約7mの二重塔の上に9mの三重塔が築かれています。

境内には、今も古い樹木が残っていて、多くの動植物が生息しています。また、境内には歴史的な建造物や古い墓などもあり、歴史や文化を学ぶ上で非常に興味深い場所となっています。

医王寺は、一年間に数回開催される催し物があり、訪問者が多く集まります。また、毎年4月には、約100年前に建てられた木造塔を守るために、「木造塔祭り」が開催されます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。