宇倍神社


宇倍神社の地図情報☜

宇倍神社について

因幡国一の宮で祭神は武内宿禰。子育て・長寿・金運などのご利益で県を代表する神社。県内外から多くの参拝者が訪れる。春の例祭では大神輿が石段を一気に駆ける。麒麟獅子舞は県指定無形民俗文化財。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒680-0151 
鳥取県鳥取市国府町宮下651

電話番号

0857-22-5025

交通アクセス

(1)鳥取駅からバスで20分

すべての基本情報を見る

福井県越前市にある宇倍神社は、仏教、神道の両宗教を統合した「統一宗教」の創成を目指した、福井県の七社本宮である。宇倍神社は、日本の歴史を受け継いで、中世から現在に至るまで、約1400年以上の歴史を秘めている。宇倍神社は、文化遺産として福井県の文化財として登録されている。

宇倍神社は、鎌倉時代の住吉大神宮を創建した小林宗介が主宰のもと、1300年以上の過去を持つ歴史的な神社である。宇倍神社は、人間が自然に共存する様式を体現している。宇倍神社は中世形式の社殿、祭祀場、木彫りの神木などを有し、古い様式を守りながら現在も維持されている。歴史的な建造物として、宇倍神社は、日本の伝統的な文化の一つとして認識されている。

宇倍神社は、毎年3月29日に開催される「宇倍神祭」にあって、今もなお多くの信者が詣りをしている。宇倍神祭は、宇倍神社を中心に、福井県中の7社が参加して開かれる。日本の伝統的な文化を守るため、宇倍神

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。