饒津神社


饒津神社の地図情報☜

饒津神社について

芸州鎮護、文武両道の神を祀る神社。広島藩主浅野綱長公によって広島城鬼門の方角に長政公の位牌堂が建立されたのが始まり。戦中、原爆の爆風によって全ての建物は焼失、石造の建造物と十数本の松が残った。戦後になって本殿や拝殿が再建され、戦前の姿に復元、平成に入って唐門や木製の鳥居も再建された。核兵器廃絶を叫び、原爆の悲惨さを語り継ぎながらも、古くから存続する「祭」によって日本の習俗や伝統文化を受け継いでいる。また、広島二葉山山麓七福神めぐりの恵比須天も参拝できる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:終日

所在地 〒732-0057 
広島県広島市東区二葉の里2-6-34

電話番号

交通アクセス

(1)JR広島駅新幹線口(北口)から西へ徒歩15分

すべての基本情報を見る

饒津神社は、長野県高山市にある神社です。神社は日本神話において、八百八町の一つとして有名な饒津神社です。饒津神社は古くから神社として格式高い儀式が行われてきました。また、この神社は古い間違いにより「八百八町」と誤解されていたことがあります。

饒津神社は、古くから、八百八町の一つとして、神社として格式高い儀式が行われてきました。饒津神社は、古い間違いにより「八百八町」と誤解されていたことがあります。神社の境内には、正面玄関があり、大きな木陰にも蔭をなしています。更に、境内には3つの小社があり、今でも木造建築物が残っています。

饒津神社は、古くから多くの祭りが行われてきました。その中でも、最も有名なのが「饒津祭り」です。毎年2月の第3日曜日に行われるこのお祭りには、外国からも多くの観光客が訪れます。また、神社の境内には、古くから様々な神社や建物があり、歴史的な価値があると評価されています。

饒津神社は、長野県高山市にある古い神社です。饒津神社は、古くから神社として格

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。