西方寺・普明閣


西方寺・普明閣の地図情報☜

西方寺・普明閣について

西方寺の観音堂である普明閣は明和2年(1765年)に建立。西方寺本堂横の高台に位置し、舞台を懸造として設ける。普明閣からは、竹原の町並みが見渡すことができ、町並み保存地区の景観の中心となる重要な建築である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒725-0022 
広島県竹原市本町3-10-44

電話番号

0846-22-2236

交通アクセス

(1)竹原駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

西方寺・普明閣は、島根県出雲市にある日本の仏教寺院である。仏説に基づき、歴史的なこととして、現在では最古の仏教寺院として知られている。西方寺は、中世末期に出雲大社をもとに創建されたとされており、普明閣は、17世紀の創建とされている。

西方寺・普明閣は、仏門、仏堂、塔、鐘楼、諸塔、三重塔などの構築物があり、美しい庭園も備えている。また、阿部島、阿部島神社、大山神社などが現在まで残っている。西方寺の有名な建物として、国宝の出雲大社本殿がある。西方寺は、多くの仏教文化や歴史的な文化財を保有しており、仏教史の中で重要な位置を占めている。

現在、西方寺・普明閣は、国の文化財として、保存管理・研究・宣伝に努めている。定期的なオープンキャンパスの他、定期的な文化財保護イベントも行っている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。