永昌寺(鳥取県倉吉市)


永昌寺(鳥取県倉吉市)の地図情報☜

永昌寺(鳥取県倉吉市)について

境内の石造十三重塔と宝塔・宝篋印塔で知られる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

見学:境内自由

所在地 〒682-0842 
鳥取県倉吉市岩倉236

電話番号

0858-28-3769

交通アクセス

(1)倉吉駅からバスで25分(岩倉停留所下車)

岩倉停留所から徒歩で10分

(2)白壁土蔵群から車で10分

すべての基本情報を見る

鳥取県倉吉市にある「永昌寺」は、元禄10年(1697年)に勝海上人が開山した新宗、浄土真宗大谷派の寺院です。境内には別名「神宿寺」とも呼ばれる古刹を残しており、本堂は江戸時代初期に建てられた江戸前派の建築です。特に、本堂内部には江戸時代初期の石灯籠が立ち並び、様々な彫刻技法で彩られた正堂柱は圧巻の一言となっています。また、約100年前に建てられた安陵舎などは、本堂の裏手にあり、江戸前派の伝統的な建築様式を残しています。永昌寺では、元祖開山者の祈願(勝海上人)を顕し、「徳の行」を修行することで自分の心を高めることを信念としています。
鳥取県倉吉市にある「永昌寺」は、元禄10年(1697年)に勝海上人が開山した新宗、浄土真宗大谷派の寺院です。境内には別名「神宿寺」とも呼ばれる古刹を残しており、本堂は江戸時代初期に建てられた江戸前派の建築です。特に、本堂内部には江戸時代初期の石灯籠が立ち並び、様々な彫刻技法で彩られた正堂柱は圧巻の一言となっています。また、約100年前に建てられた安陵舎などは、本堂の裏手にあり、江戸前派の伝統的な建築様式を残しています。永昌寺では、元祖開山者の祈願(勝海上人)を顕し、「徳の行」を修行することで自分の心を高めることを信念としています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。