月輪寺薬師堂 附 厨子一基 棟札二枚


月輪寺薬師堂 附 厨子一基 棟札二枚の地図情報☜

月輪寺薬師堂 附 厨子一基 棟札二枚について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒747-0523 
山口県山口市徳地上村572

電話番号

すべての基本情報を見る

月輪寺薬師堂は、江戸時代初期に建てられた廃寺の一つです。薬師如来を祀っています。本堂は木造三重塔型で、廃寺としては珍しい建造物です。

附には、厨子一基があります。厨子とは、神社・お寺の境内にある、祭祀用の食器を収納する家具で、この月輪寺薬師堂にあるものは、江戸時代末期に作られたものといわれています。

また、棟札というものが二枚あります。棟札とは、神社・お寺の境内にある板状の基礎上に設置された木板をいいます。月輪寺薬師堂のものは、江戸時代初期に作られたといわれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。