鰐淵寺


鰐淵寺の地図情報☜

鰐淵寺について

推古2年(594年)開創の天台宗の名刹。大伽藍も今は本坊等を残すのみであるが,重文の仏像・書画など文化財の宝庫といわれる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:8:00~17:00

所在地 〒691-0022 
島根県出雲市別所町148

電話番号

0853-66-0250

交通アクセス

(1)一畑電鉄雲州平田市駅からバスで20分(路線バス鰐淵線)

鰐淵寺駐車場から徒歩で15分

(2)山陰道斐川ICから車で35分

鰐淵寺駐車場から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

鰐淵寺は、宮城県仙台市太白区にある法相宗の寺院です。その始建は1467年(明応2年)と伝えられ、江戸時代から現在まで約550年以上続いています。

鰐淵寺の最大の特徴は、室町時代から残る約百種類の石仏です。そのうち、鰐淵仏をはじめ、延暦寺著名な四天王、真言宗の総本山・曹洞宗の四大仏など、貴重な仏像がいくつもあります。

また、鰐淵寺には鰐淵館があり、室町時代の建築様式を保持した木造建築物としても有名です。他にも、後楽園を思わせる古い木造建築物の群が鰐淵寺内にあり、蔵が中心となって構成されています。

鰐淵寺は、また、江戸時代から現在まで続く芸術文化にも貢献してきました。宮城県の田島銘物である煉瓦器などが、鰐淵寺で製作されていたという事実もあります。

鰐淵寺の見どころとして、豊かな自然の中で古い建物の群を楽しむことができるのが特徴です。石仏や木造建築物など、古い歴史を肌で感じられる場所として、仙台では必

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。