八坂神社


八坂神社の地図情報☜

八坂神社について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒759-4106 
山口県長門市仙崎祇園町1342

電話番号

交通アクセス

(1)JR山陰本線仙崎駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

八坂神社は、山口県長門市にある神社であり、廃止された長門藩の元家神社です。八坂神社は国宝に指定され、約1000年の歴史を持つ神社です。

八坂神社では、多くの神々を祀っており、その中で最も重要なのが、八坂院公大神と呼ばれる天津神と大和神です。また、八坂神社の神官である神官入口大神と神職之助大神も祀られています。

八坂神社は、毎年多くの信仰者が訪れるため、様々な社会的な利益があります。その一つとして、神職者や神官などが収入を得ることが挙げられます。また、神社が開かれると、地域の観光客も増え、地元の観光振興にも貢献しています。

八坂神社は、京都市の八坂にある神社で、日本最古の大神社の一つです。奈良時代から存在し、歴史的・文化的な価値が高いことから国宝に指定されています。八坂神社の本殿は、約千五百年前の821年に奈良大王が拝礼したという歴史的な価値もあります。現在、八坂神社は、八坂鳥居を中心に八坂観音、八坂薬師、八坂龍王など3つの大社と、それぞれの大社の裏にある小社が合わせて7つの社を構成しています。八坂神社では、毎年4月には「祇園祭」、11月には「八坂祭」などの大型の例祭が行われ、多くの人が訪れます。また、八坂神社では、近くにある「八坂の木」などの特産品も販売しています。

八坂神社本殿は、8月17日に日本政府が国宝に指定した、京都市東山区にある正式な神社です。約1000年前に建立されたと言われています。本殿は約35mの高さで、宝物を祀っている桜坊主の屋根を支える種々の屋根の間に設けられた社殿です。一軒一軒の屋根が組み合わされて、宝物を祀っている桜坊主の屋根を支えます。本殿の外観は、江戸時代の建築技術によって建造され、細部まで繊細な装飾が施されています。内部の祭壇は銅製で、正面には金属鋳物の山神が飾られています。また、本殿には、縁起物として桜の木や、桜坊主が宝物を祀るために設置された桜の山があります。

八坂神社は、山口県山口市にある神社です。神社の本殿は、八坂の統括宮大神官を祀った東大寺の資金援助で建立されました。神社は、元々二十四種類の合祀が行われており、現在は「福長宗」「醍醐天皇」「藤原氏」「豊臣秀吉」「桂小五郎」の五社を祀っています。

八坂神社は、八坂五社を祀る以外にも、多くの神様を祭ります。主な神様は、「明神大神官」「比叡山聖徳太子」「末広大明神」「天照大神」「稲荷大神」などがあります。また、八坂神社には、「福徳神社」「明神宮」「大鳥居」などの付属神社もあります。

八坂神社は、歴史ある神社であり、その歴史は、元号改元の祝賀や政令指定都市の祝賀など、国民を祝福する重要な行事の実施に多大な役割を果たしてきました。また、毎年、11月4日には、八坂五社大祭りが行われ、多くの人々が参拝しています。八坂神社は、今もなお多くの人々に愛され、参拝される神社です。

八坂神社は、徳島県海陽町にある神社です。大正5年(1916年)に開基されました。その名前は、中国の東山八坂を象徴しています。神社には「八坂大神(やさかたみ)」を祭神として、その他に「八坂大神御大宮(やさかたみみおおみや)」、「大社御大宮(おおやしみおおみや)」、「神宮(ぐんぐう)」などがあります。

八坂神社は、豊かな自然に囲まれており、桜などの花も美しく咲いています。また、八坂神社では、毎年4月には「八坂神社神輿運行祭(やさかじんじゃしんきょうさい)」が行われ、多くの人々が参加しています。この祭りでは、神輿が鳴り響く中、神社の神々を大きな神輿に乗せて運ばれるという儀式が行われます。

八坂神社は、神社のみならず、文化的な景観を楽しめる観光スポットとしても人気があります。神社の周辺地域には、多くの神社仏閣や緑豊かな森林などがあり、日本古来の文化を感じさせる素晴らしい景観が広がっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。