清巌寺(島根県松江市)


清巌寺(島根県松江市)の地図情報☜

清巌寺(島根県松江市)について

臨済宗妙心寺派に属し本尊は薬師立像。近年は出雲国七福神の布袋尊を祀る寺として知られる。出雲国三十三番最後の札所岩屋寺はこの寺の境内にある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒699-0201 
島根県松江市玉湯町玉造530

電話番号

交通アクセス

(1)玉造温泉駅からタクシーで7分

すべての基本情報を見る

清巌寺は、島根県松江市にある歴史的な建物です。江戸時代末期に創建され、明治27年に登録有形文化財に指定されています。

清巌寺の大きな特徴は、書院である「玉石書院」があることです。現在も「玉石書院」は、江戸時代に作成された全国でも珍しい歴史的な建築物として残っています。

清巌寺自体も、江戸時代末期に創建された歴史的な建築物であり、松江城の松江百景の1つに数えられています。庭園は、大きな松樹があり、萩の花が咲き誇り、夏には紅葉が見られます。

また、清巌寺は、島根県の史跡名所としても有名です。清巌寺の近くには、古代に関係のあった史跡の多くがあり、歴史的な建物を見ることができます。

清巌寺は、島根県松江市にある歴史的な建物で、歴史的な建築物を見ることができる史跡名所として有名です。江戸時代末期に作成された歴史的な建築物である「玉石書院」を有し、大きな松樹と萩の花が咲き誇る庭園を持ち、夏には紅葉が見られます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。