三刀屋天満宮


三刀屋天満宮の地図情報☜

三刀屋天満宮について

醍醐天皇のころ、菅原道真公が九州大宰府へ配流される途中に先祖野見宿禰(のみのすくね)の霊廟に詣でるため、この地に立ち寄り数日間滞在したと伝えられ、公の死後、里人がその徳を慕い、小さな祠をつくり、梅を植えて祀ったのが三刀屋天満宮の始まりといわれている。 白潟天満宮、菅原天満宮(ともに松江市)と並ぶ出雲三天神のひとつとして、学業成就祈願の参拝者で賑わう。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒690-2404 
島根県雲南市三刀屋町三刀屋992-4

電話番号

0854-45-2899

交通アクセス

(1)松江自動車道三刀屋木次ICから10分

すべての基本情報を見る

三刀屋天満宮は、東京都千代田区にある、神田明神を祀る神社です。天満宮は、古くは今の神社がある地域の中心となっていた神田川河口付近にあるとされています。天満宮は、古くから歴史が受け継がれてきた神社で、現在も東京で最も古い神社の一つとして、世界中から多くの観光客が訪れています。天満宮の最大の特徴は、三刀屋(さんとうや)という神社の設立を行ったことです。三刀屋は、中国の漢の法を取り入れた刀を扱う場所で、神道や仏教など多くの宗教が融合している場所として有名です。さらに、今では多くの観光客が訪れるために、神社の裏にある境内には、豊穣を祈願するための幸福宝箱や、仏教のオブジェなどが飾られています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。