遍照寺(岡山県笠岡市)


遍照寺(岡山県笠岡市)の地図情報☜

遍照寺(岡山県笠岡市)について

遍照寺は、鎌倉時代末期に陶山氏によって吉田村(現:笠岡市吉田)から笠岡に移されたと伝えられる真言宗の寺院である。駅前土地区画整理事業により、昭和52年に西ノ浜(笠岡市笠岡)の埋立地へ解体移転したが、多宝塔と大銀杏の木だけは元の場所(笠岡市中央町)に残っている。この多宝塔は慶長11年(1606年)の建立で、岡山県下の多宝塔の中では最も古く、国の重要文化財に指定されている。また、多宝塔と並んでそびえ立つ推定樹齢400年の大きな銀杏の木(市指定天然記念物)は、塔の建立記念に植樹されたといわれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒714-0081 
岡山県笠岡市笠岡5930

電話番号

0865-62-2981

交通アクセス

(1)JR笠岡駅から徒歩で15分

(2)JR笠岡駅からバスで3分(井笠バスカンパニー 福山行)

「市民病院前」下車から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

遍照寺は、岡山県笠岡市にある寺院です。遍照寺は約1,200年前に創立された古寺で、歴史は豊かです。現在は、境内には唐招提寺の本堂と招提蔵、釈迦堂、梵殿があり、菩提樹もあります。また、山門や山門前の四面堂など、多くの建造物があり、歴史的な価値が高く評価されています。

遍照寺は鎌倉時代に創立されたと言われており、信仰の対象として熊野大社を祀っています。現在も、新宮参道を歩いて鎌倉まで行く参拝者が多く、多くの信者に愛されています。

現在、遍照寺は年間を通して多くの行事が行われており、歴史的な建造物を維持するために、多くの工事が行われています。また、仏教文化を伝えるために研修や講演会なども多く行われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。