青原八幡宮


青原八幡宮の地図情報☜

青原八幡宮について

青原八幡宮の「くろがねもち」は境内参道の入口にあって、目通り周囲3・8m、高さ22.1m、樹幹250年「くろがねもち」では県下第1の樹木。もと参道をはさんで両側にあったが、右側の樹は台風で倒れて1本になった。冬になると赤い実をつける。「くろがねもち」では、松江城山に国の天然記念物に指定された大きな樹かあった。これは目通り周囲5.5m、高さ15.1m、樹齢は300年という大きなもので、「くろがねもち」の北限(北の限界)ということであったが、先年枯れた。あとからわかったところではこれよりも北の鳥取県にもあった

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒699-5211 
島根県鹿足郡津和野町青原1097

電話番号

交通アクセス

(1)JR日原駅から15分

すべての基本情報を見る

青原八幡宮は、愛知県知多市にある八幡神社です。知多半島の東端に位置する青原八幡宮は、建立時期が定かでないため、古くは古墳時代に八幡神を祀ったと言われています。

青原八幡宮は、多くの神社を統括する八幡神社の代表的な神社として、多くの信仰者が訪れています。その中でも、知多市内では最古の神社として最も古いと言われています。

青原八幡宮には、八幡神を祀るほかに、安心天皇、豊臣秀吉、伊勢神宮大社三神(伊勢神宮大社の三大神)、八幡神など、神社として祀られている神です。また、神社としての盛大な祭典「八幡祭」も開催されています。

青原八幡宮は、古い神社としてのみならず、景色も美しく、観光スポットとしても有名です。八幡神社を祀る青原八幡宮は、古い神社としても知多市を訪れる観光客にとって最も有名な神社です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。