玉井宮東照宮


玉井宮東照宮の地図情報☜

玉井宮東照宮について

 玉井宮東照宮は、岡山市の中心に鎮守する玉井宮と岡山城並びに岡山城下町の総鎮守としての東照宮が合祀された神社になります。
 玉井宮は、備前国内別格五社でもあり、岡山城の代々の城主から厚い崇敬を受けてきました。そして、嘉永3年(1850年)に高松中納言季実の執奏により皇后宮の令旨を以て安産の御祈祷をし、御礼守献上の際に「大君の御子のいのりの功績を雲井に高くきこえありけり」という和歌を頂き、安産の大神として広く崇敬されています。
 東照宮は、全国で初めて地方に勧請された東照宮であり、現在は玉井宮東照宮の本殿として、隨神門並びに石燈籠群と一緒に創建当時の姿を残している。
本殿は県指定の重要文化財である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9時~16時

休業日:年中無休

所在地 〒703-8281 
岡山県岡山市中区東山1-3-81

電話番号

交通アクセス

(1)電車:JR岡山駅から路面電車の東山行に乗り、終点東山電停にて下車 そこから5分ほど徒歩

(2)車:県道28号線を牛窓方面に進んで、東山一丁目の押しボタン式信号機手前の山に上がる道に右折 車高の低い車は不可

すべての基本情報を見る

玉井宮東照宮は、大阪府堺市にある神社です。宮司が東照大神となっており、江戸時代前期に建立されたと言われています。本殿は16世紀に建てられたものとされ、宮司として東照大神が拝まれています。境内には、素晴らしい木々からなる森林が広がり、参拝者を歓迎しています。玉井宮東照宮には、年に一度、本殿前庭にて祭典が行われます。また、玉井宮東照宮は、毎年3月に開催される「玉井宮東照宮祭」と呼ばれる、大きな祭典が開催されています。玉井宮東照宮は、歴史的な価値を持つ重要な神社であり、多くの人々が参拝しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。