隠岐国分寺


隠岐国分寺の地図情報☜

隠岐国分寺について

聖武天皇の詔によって建立された仏教寺院であり、"後醍醐天皇行在所跡"は国指定史跡となっています。
(かつての本堂は2007年2月の火災により焼失し、2015年10月に再建されました。)

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:8:30~17:30 6月~9月は18:00まで拝観可能

休業:12月~2月

所在地 〒685-0007 
島根県隠岐郡隠岐の島町池田風呂前5

電話番号

08512-2-2934

交通アクセス

(1)西郷港からバスで15分

すべての基本情報を見る

隠岐国分寺は、山口県にある大文字寺派に属する仏閣です。建立は不明ですが、最初の僧侶は明暦十五年(1587年)に創建されたとされています。今では、その僧侶が建立したと信じられています。建物は木造で、書院や外苑があります。また、木造の十五間堂もあります。これは、建物の中心にある主要な建物で、古くから貴重な文化財として保存されています。また、近隣には、国の重要文化財として指定された「自然聖地」があり、国分寺が山口県内の国立公園として指定されています。ここからは、美しい景色を望むことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。