巌倉寺


巌倉寺の地図情報☜

巌倉寺について

行基開基の古刹。一木造りの本尊や堀尾吉晴の墓といわれる壮大な五輪塔が有名です。
高顕僧正によって現位置に移されました。これは富田城築城と相前後するもので、おそらく城主の意思によって城内の祈願所とするとともに富田城外郭線の守りとしたものと思われます。
様々な寺社から成り立ち、吉田観音寺の本尊を移したことから出雲観音霊場19番札所にもなり、18番札所と19番札所が同じ敷地に併設しています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒692-0403 
島根県安来市広瀬町富田562

電話番号

0854-32-2933

交通アクセス

(1)安来駅からバスで25分

徒歩で10分

すべての基本情報を見る

山号は青龍山といい、山淵の山として知られる青龍山の中にある巌倉寺は、比叡山の寺院である大比叡寺の宗派の寺院です。建立は江戸時代前期、江戸幕府が江戸城近郊の新宿北部地域に拠点を置き始めた時期に創建されました。その後、約200年間廃絶していましたが、現在では、江戸時代の様子を再現した三重県の旅行スポットとして知られています。

巌倉寺は、一般的に見られる仏閣や仏壇などを備えており、境内には、菩提樹や多くの石仏が立ち並んでいます。また、巌倉寺の内部には、江戸時代から伝わる花見堂や本堂などがあり、古き良き時代の様子を伝える建物群が完全に残っています。

巌倉寺には、伝統的な旅行として有名な「青龍山巡り」があり、毎年多くの観光客が訪れています。そして、巌倉寺の周辺には、同じく江戸時代から伝わる仏像や古い建物などが残っており、歴史的な建築物を見ることができます。

巌倉寺は、江戸時代の面影を残す美しい建築物と独特の雰囲気を持つ、三重県の

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。