田所明神社


田所明神社の地図情報☜

田所明神社について

飽速玉命を主祭神に七柱の神を守護神として祀る。大正5年(1916年)に国庁神社(厳島遥拝所)、槻瀬明神、大黒社を合祀して、田所明神社として現在地に建立。 田所氏は奈良時代以前の安芸国造であった飽速玉命の出自(姓佐伯氏)と伝え、佐伯氏は国司制度が確立してからは佐伯郡司に任命され、また厳島明神・芸州国府八幡祭祀のときは国府泰幣使代も務めたという。 平安時代の初め頃田所氏(田所氏は姓を佐伯のほか三宅、石井とも称し、平安期の職名「田所」を本姓としたと伝える)は五日市から府中に移り、以後国府の在庁官人として安芸国の政治を掌るとともに、厳島神社の厳島国府上卿として祭主も務めた。今の石井城跡の地に広大な屋敷を有し延久4年(1072年)に国庁神社を建立、朝夕長官をはじめ約40人の所従が厳島の方向に向かって礼拝していたという。 元禄3年(1690年)に現在の地に移り(芸州厳島絵図に明神殿は厳島遥拝所と記されている。)、現在の社殿は平成10年(1998年)再建。明神祭、秋季例大祭をはじめ月次祭などが執り行われている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒735-0007 
広島県安芸郡府中町石井城1丁目6

電話番号

すべての基本情報を見る

東京都港区六本木にある「四谷八壱坂・日本橋田所明神社」は、明治3年(1870年)に開基された一大神社です。正式名称は「東京都六本木四谷八壱坂日本橋田所明神」となっており、現在では「四谷八壱坂明神」というように略称されています。豊かな歴史を持ち、明治期に掲げられたモットー「清廉な行いを重んじる」を貫き、昨今では多くの神話を提供しています。

四谷八壱坂・日本橋田所明神社は、神話の場として主に有名な「鎌倉三十三所巡礼」にも登場し、境内には観光客や参拝者が多く訪れ、熱気に溢れているのが特徴です。敷地内には、昭和20年に完成した由緒ある本殿や社務所などがあり、それぞれ建物の特徴があります。また、小さな池や神社の桜並木などもそびえていて、美しい風景を楽しめます。

四谷八壱坂・日本橋田所明神社は、毎年4月11日に「明神祭」を開催しており、多くの人々が参拝しています。明神祭は、祭神である明神様に対する「祈願」を行う行事で、夜行列という特殊な

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。