道隆寺(広島県府中町)


道隆寺(広島県府中町)の地図情報☜

道隆寺(広島県府中町)について

寺の付近から古瓦や骨壷、古仏像の破片が出土し、寺歴の古さを物語っている。本尊薬師如来坐像は広島県指定重要文化財。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒735-0003 
広島県安芸郡府中町みくまり3丁目

電話番号

交通アクセス

(1)広島駅からバスで

徒歩で

すべての基本情報を見る

道隆寺は、広島県府中町にある歴史あるお寺です。施設内には、元禄元年(1688)に創建された本堂などがあり、江戸時代のお寺の面影を残しています。

道隆寺は、藤原徳政が江戸時代末期に創建したと伝えられています。本堂は現在も築300余年目を迎え、江戸時代の外観をそのままに保存されています。

道隆寺では、毎年7月17日に「虹引き祭」が行われており、多くの信者が参拝します。また、「宗仁賀詣」という参拝行事が開催されています。

また、道隆寺の近くには、江戸時代後期から現在まで続く「元禄大明神」があり、神社に参拝してお守りを求める人が多く訪れます。

道隆寺は、江戸時代の文化を残している歴史あるお寺であり、多くの人が参拝しています。暮らしの中に根付いた江戸時代の雰囲気を感じることができるとても貴重な場所です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。