都我利神社


都我利神社の地図情報☜

都我利神社について

国道431号に面す。式内社「都我利神社」阿遅志貴高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を祀る。
神代紀に拠ると、天稚彦が亡くなって弔問に来た味耜高彦根神が、亡者に間違えられて怒り、帯剣を抜いて喪屋を切り倒した。この剣を大葉刈といい、「刈」は「我里(がり)」と読む。社名ツガリは、この剣に因む。
但し出雲國風土記に見える神名に都我利は無く、伊努社/伊農社のいずれかとされる。
伊弉諾命(いざなぎのみこと)・伊弉冉命(いざなみのみこと)・速玉男命(はやたまおのみこと)・事解男命(ことくしげおのみこと)・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)・軻遇突命(かぐつちのみこと)・道實霊神(みちさねたまのかみ)を配祀。
式内社「伊佐波神社」合祀。伊弉諾尊を祀る。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒693-0074 
島根県出雲市東林木町672

電話番号

すべての基本情報を見る

東京都我利神社は、東京都港区六本木にある神社です。正式名称は「東京都我利神社(とうきょうとがりじんじゃ)」で、江戸時代末期に創建されたとされています。東京都我利神社は、創建以来、宮中祭神・御守神として、東京都の皇族と国民の繁栄を祈願する場として活動してきました。また、明治維新の象徴として、この神社は国家的な地位を獲得しました。現在では、東京都の政治的・文化的な象徴として親しまれ、多くの人が訪れる場所となっています。

東京都我利神社は、その独特な建物群・彫刻・石碑などが特徴的な神社です。祭祀廟の内部には、平安時代に創建された正面玄関があり、その周囲には、吉備津社、権現殿、祭祀廟、大鳥居、社務所、拝殿などがあります。これらの建物群は、国宝級の日本古建築を見ることができ、また、社務所内には、江戸時代末期に作られた江戸時代末期の樹木群が残っています。

東京都我利神社は、毎年3月に「我利神社例大祭」、5月に「東京都我利神社例大

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。