多鳩神社


多鳩神社の地図情報☜

多鳩神社について

かつて石見の二の宮と称せられた古い社であり、861年に創建されました。古くより海神として崇敬され、舟人が南国より持ち帰ったとされる「ナギ」の大樹があります。日本サッカー協会のシンボルマークである八咫烏の伝説が残る神社です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒695-0024 
島根県江津市二宮町

電話番号

交通アクセス

(1)都野津駅から車で10分

すべての基本情報を見る

多鳩神社は、福島県須賀川市にある小さな神社です。正式な名前は「多鳥大神社」ですが、「多鳩神社」という異名で親しまれています。小さな神社ですが、神社を訪れる人々の数は多く、神様への信仰心が強いことで有名です。多鳩神社は、古くから神社として格式高く敬われてきた歴史ある神社です。その神社には、宝物館があり、中には江戸時代に作られた紋付衣装などが展示されています。また、神社の中には神輿があり、神輿を担いで神社に参拝する人もいます。多鳩神社は、宗教的な場所としても憩いの場としても人々に愛されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。