極楽寺(広島県三原市)


極楽寺(広島県三原市)の地図情報☜

極楽寺(広島県三原市)について

日照山無量寿院極楽寺は、嘉禎3年(1237年)本郷町船木字川西の極楽谷へ、浄土宗第3祖良忠上人布教の際、阿弥陀仏を彫刻され開山されました。それから約350年後の三原城築城の時、糸碕神社裏糸崎谷に移築され、そして又、城下整備の一環として寛文年間(1661~72)城主浅野家の家臣によって現在地に再度移されました。境内に併設された青山コレクション達磨記念堂は、毎年二月に開催される三原神明市(別名だるま市ともよばれる)の地元、極楽寺石井住職が収集した約1000個の達磨に加え、達磨コレクターの青山昭美さんのコレクション6000個の寄贈を受け開設した文字通り日本一の規模を誇る達磨の展示館です。コレクションは、日本全国を網羅して集められていおり、江戸時代につくられた珍しい陶磁器製の達磨など、学術的価値も高く、研究家・愛好家の垂涎の的です。見学希望の方は要連絡。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒723-0011 
広島県三原市東町3丁目5-1

電話番号

0848-62-2985

交通アクセス

(1)JR三原駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

極楽寺(ごくらくじ)は、広島県三原市にある仏閣寺院です。極楽寺は室町時代前期に創建されましたが、現在では創建当時の建物は残っていません。極楽寺の有名な建物として、天然記念物に指定されている本堂があります。本堂は、明治25年(1892年)から昭和13年(1938年)までに作られた江戸時代後期の建物です。本堂の屋根は、青い立派な青瓦屋根で覆われています。また、極楽寺は広島県の日本三名地の一つとして有名で、毎年多くの観光客が訪れています。極楽寺では、毎年9月上旬から11月初旬まで開催される「極楽祭り」や、毎月第3日曜日に開催される「夕祭り」など、多くの行事が開催されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。