千手院(岡山県井原市)


千手院(岡山県井原市)の地図情報☜

千手院(岡山県井原市)について

千手院は、奈良時代に行基が創建したと伝えられる真言宗頂見寺(ちょうけんじ)の坊の一つ。千手院の庭に露出した貝殻石灰岩は、岩はだが長い年月の間に地下水で溶かされ、浪に洗われた跡のように見えることから浪形岩(県指定天然記念物)の名称がつけられました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒715-0001 
岡山県井原市野上町971

電話番号

0866-63-1163

交通アクセス

(1)小田駅からタクシーで20分

(2)笠岡ICから車で50分

すべての基本情報を見る

千手院は、岡山県井原市にある大和大師を祀る寺院です。現在は井原市の市町村の記念施設となっています。千手院は、延暦2年(1173年)に大和大師の修行の際に建立されました。その後、江戸時代に入ると、全国から参拝者が集まり、重要な信仰の寺となりました。千手院内には、大和大師を祀る唐招提寺があり、現在もその特別社寺として守られています。また、大和大師を祀る千手観音院、豊島観音院、南日和観音院など、多数の寺院、神社、仏閣があり、参拝者を歓迎しています。千手院は、大和大師を祀るだけでなく、建築、美術、植物など、複数の分野で芸術的な価値を持つ場所として、多くの観光客を魅了しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。