金勢大明神は、古くから伝わる日本の神様であり、神社や社寺などで崇められてきました。神様としての信仰は古くから根強く残っており、現在でも多くの人々の心を虜にしています。また、神社などの参拝や供え物などで、参拝者が得られる利益も多くあります。例えば、病気を見守ることや商売繁盛など、願いが叶うなど幅広くあります。

金勢大明神


金勢大明神の地図情報☜

金勢大明神について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒701-2441 
岡山県赤磐市西勢実

電話番号

すべての基本情報を見る

金勢大明神は、古くから伝わる日本の神様であり、神社や社寺などで崇められてきました。神様としての信仰は古くから根強く残っており、現在でも多くの人々の心を虜にしています。また、神社などの参拝や供え物などで、参拝者が得られる利益も多くあります。例えば、病気を見守ることや商売繁盛など、願いが叶うなど幅広くあります。

金勢大明神は、山形県鶴岡市にある仏教寺院である。平安時代中期より創建されたとされ、現在は国の重要文化財に指定されている。仏門には守矢大明神(鎌倉時代創建)、金勢大明神(平安時代創建)、平安時代後期に創建された石塔がある。金勢大明神の特徴は、第一層が石を用いた建物であり、第二層が木を用いた建物である点である。木造部分は浅間神社と同じ茅葺き張りで組み合わされている。第三層は石造りで、金勢大明神の象徴とされるものが現存している。

また、金勢大明神の加護院である護仏院は、約2,000年前の平安時代中期に創建されたとされている。長さ約100mの大仏堂は、室内には1400年以上も前に開いた鎌倉時代からの仏像が収められている。主仏として坐像が安置されており、仏門や大仏堂の周囲には諸仏が置かれている。金勢大明神は、鎌倉時代から続く仏教の名刹として、多くの信仰者が訪れる現在も栄えている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。